2014年12月12日 (金)

License Plate ②

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post “License ①” we saw an example of licenses plates that were attached around the head tube.  In this post we shall take a look at license or registration plates that were attached to the back of the rear fender.

Here is what they look like when new. It bears the name of the town it was registered in; much like a license plate on today's automobiles which bear the city or state/prefecture.Img_0083

For those of you that can read Chinese characters, note the old character used in the Japanese word for bicycle JITENSHA.
Img_0070

This one comes from Akita Prefecture way up in northern Japan.
Img_0082

Img_0072

This is a very old and weather worn license plate with much of the paint long gone. Even the numbers are in Chinese characters.P1190316P1190317

P1190315

In the next installment of this series on license plates we will take a look at yet another different and unique design.

2014年11月29日 (土)

鑑札・標識・籍証①

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

Img_0084

昭和20年代後半30年代前半「自転車」が非常に貴重で、現代の自動車と同じような地位だったことを、以前何度か取り上げました。

庶民の手が届く唯一の交通手段でしたが、当時2ヶ月分もの給料が掛かりました。
手が届かない人は時間単位で借りていました。
リヤカーが付いていた重運搬車・軽運搬車は、町の個人店のトラックの役割でした。
現代の高級車のように自転車には皆 風切が付いていました。
そして、あまり知られていないことですが、当時自転車は課税対象でした。

戦前にも自転車税がありましたが、戦後に復活し、昭和25年~33年まで自転車税(一台200円)がありました。これは市町村で管理されました。
登録地域によって鑑札(プレート)のデザインが異なりました。
今回は、ヘッドチューブに付けられた鑑札を見てみましょう。

このデザインは一般的でヘッドチューブに付けられました。
Img_0084

旧漢字(弐、参、號、轉)でかなり古いです。Img_0085_2

「毀損シタル鑑札ハ無効トス」

外国人の私には毀損の「毀」が読めなくて調べるのに大変でした。
結局、訓読みが「コワス」、音読みは「キ」でした。
毀損→「キソン」
名誉棄損は本来は毀損の毀の字を書くようです。
Img_0319

このヘッドチューブに付けられた鑑札は一つ。
次回は、他のデザインを見てみましょう。

16

2014年11月16日 (日)

License Plate ①

次回、この記事の本語版を投稿します。

Img_0084

I have mentioned repeatedly how "bicycles" in Japan during the early 1950's were prized possessions; similar, if not even exceeding, that of automobile ownership today.  They were the only affordable private transportation for the vast majority of households and small businesses. They were expensive costing around two months' salary or more; people and businesses paid on installment plans to purchase them; those who could not afford them rented them by the hour; carrier cycles and utility cycles attached with trailers to haul goods filled the niche of trucks for local small businesses; much like luxury cars of today, bicycles proudly bore a fender ornament(link Japanese only) indicating the manufacturer.  And, to drive this point of bicycles having a similar status as that of automobiles home, one often overlooked fact is that from 1950-1958 bicycles in Japan were taxed and had license plates.

This tax was implemented by the local municipality (town/city) whereby each bicycle had to be registered, and after paying the tax of 200 yen, a "license plate"was attached.  Since the local municipality oversaw the implementation of the "bicycle tax", the design of these "license plates" varied from town to town.

Here is a common example of a license plate designed to be attached to the head tube.
Img_0084

This particular example is quite old given the use of old Chinese characters.
"Bicycle license #236 Hozumi village"Img_0085_2

「毀損シタル鑑札ハ無効トス」This reads "license invalid if damaged or tampered with" Img_0319

In addition to this type of bicycle license plate which was secured to the head tube, as seen below, there were other designs and in the next post we will take a look at another design.
16

2014年11月 2日 (日)

革製サドルの磨き

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

個人的に流行の物より、最初から作りが良く、耐久性があり、自分で手入れが出来、長持ちするものが好みです。 物を手入れして大事にすれば、その物は恩返ししてくれます。
最初からよく作られたものは古くなっても蘇らせることが可能です。

革製サドルはその一つです。
50年以上前に作られたブリジストン純正ハンモック革製サドルです。
革は乾いているし色があせたし、部分的に摩耗しています。
フレームは錆びたしメッキが剥がれているところが多いです。
しかし、寿命はまだまだです。
少しの手入れで蘇ります。


Img_0256

油性靴クリーム(茶色)
Img_0264

磨きブラシと靴クリーム塗り用ブラシ
Img_0267

比較ができるようにサドルの半分だけ磨きます。
マスキングテープをサドルの中央に付けておきます。
靴クリーム塗り用ブラシで小さな円を書くように靴クリームを十分に染み込ませます。

Img_0284Img_0286

靴クリームが乾いたら磨きブラシで力強く磨きます。
ツヤが出るまで繰り返します。

Img_0298_2

Img_0294

Img_0288

まるでスプレーペンキで塗ったように色が濃くてツヤがいい。

昔の革製サドルは実に素晴らしい。
野球革製グローブや革製靴と同じように使えば使う程味が出るだけではなく、ピッタリ体にフィットして来ます。
さらに、サスペンション付きで乗り心地が最高です。

2014年10月17日 (金)

Shoe Polish and Elbow Grease

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Call me old-fashioned but I like simple things that are made well, work well and with care will last a long time.  I like the fact that, if you take care of "something", that "something" will take care of you. Things that are made well in the first place, even if not taken care of, can normally be brought back to life.

A good example is a well made leather saddle.  Here is a Bridgestone leather hammock saddle, well over 50 years old.  The leather is dry, faded and worn, the metal frame is still good but the chrome is pitted and flaking off.  However, this saddle has many more years of use left.
Img_0256

Start with a can of brown shoe polish.
Img_0264

A dauber and buffing brush.
Img_0267

For the purpose of comparison, I've applied masking tape to one half of the saddle and will polish only one half.  Start buy applying shoe polish to the leather working it into the leather.

Img_0284Img_0286

Allow to dry for ten minutes and using the buffing brush, buff vigorously.
Repeat the process several times until a nice protective sheen appears.

Img_0298_2

Img_0294

Img_0288

Leather saddles are wonderful, not only aesthetically, but over time they literally mold themselves to the contour of your body, resulting in a perfect fit. Pure comfort, just like a leather baseball glove or leather shoes.


2014年10月 4日 (土)

狛江のくらしと自転車の歴史 10月9日(木)~14日(火)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

↓写真をクリックして拡大します。

Img_0590


「狛江のくらしと自転車の歴史」展示・と講演会

日時: 2014年10月9日(木)~14日(火) 10時~17時 
     11日(土) 14時から、3階多目的ホールにて講演会が開催される予定です。

場所: 泉の森会館
     〒201-0013
     東京都狛江市元和泉1-8-12
    (小田急線狛江駅北口徒歩1分

内容: 自転車が庶民の乗り物になるまでの歴史を、狛江の歴史とともに振り返る展示会   

主催: 泉の森の会

問合せ: 泉の森会館 03-5497-5444

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

世界初の自転車「ドライジーネ」、「オーディナリー」、「セーフティ」など展示されます。
工夫に工夫を重ねて自転車の進化が実に面白いです。

個人的に特に好きな昭和20年代後半の日本製自転車も展示されるとのこと。
「謹製」の時代で、工芸品と言っても過言ではないかもしれません。
現代の作りと違う【ビデオ1】    現在の作りと違う【ビデオ2】
Img_0548

大きなランプ、ロッドブレーキハンドルImg_0565_2

風切黒い3層エナメル塗装金線引きImg_0567_2

バッジ (七宝焼)
Img_0578
Img_0576_3
Img_0570_2

責任保障メダル

Img_0572_2

BEタイヤ― (トレッドの文字入り)
Img_0575_4 

現物を是非見に行ってください。

2014年9月13日 (土)

前掛け

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

これは昭和30年前後の前掛けです。
今でも個人商店の店員さんや職人さんが付けている姿をたまに見かけます。
職人さんという雰囲気です。

162

藍色の織維で、保護衣という機能がありますが、宣伝という機能もあります。

上部から少しずつ見てみましょう 。

山口自転車 」と「丸石自転車」と書いてあります。159

中部に丸石、山口 (マルワイ)のロゴと実用車のシルエット。
シルエットといっても結構良くできています。
風切、ランプ、チェーンケース、荷台、後ろ車輪のダイナモまでくっきり描かれています。158

下部に大きなも文字「アヅマ商会」。
161

最後に住所と電話番号。
検索してみたら、石川県のアヅマ自転車センターが出ました。
同じでしょうか。
3桁の電話番号はこの前掛けの年代を物語っています。
アメリカでは「3」という数字はラッキーナンバー、「3」が3つというのは
最高に縁起がいい!
160

もちらん、ヤフーオークションにもこのような古い前掛けが出ていますが、驚くことにアメリカのEbayにも出ています。 

2014年8月29日 (金)

Work Apron

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As anyone who has worked in Japan knows, the vast majority of companies have uniforms.  And even for those smaller privately owned shops and craftsmen,  there is the work apron known as maekake in Japanese. 

Worn around the waist and tied off in the front, work aprons not only help to keep the user's clothes clean, but also serve an important advertising function.  Let's take a look at this tidbit of history, a maekake which dates back around 60 years.162

Work aprons are used by a wide variety of shops, and are certainly not limited to bicycle shops.  Typical work aprons are made of a coarse indigo colored woven fabric with the proprietor's shop name, address and advertisement printed in white.  Let's start at the top and work our way down.

At the top in Kanji it reads "Yamaguchi Bicycles and Maruishi Bicycles".159

Printed in the middle of the apron are the emblems for Maruishi and Yamaguchi bicycles along with the silhouette of a bicycle.  Note the detail in the silhouette, full chaincase, headlight, front fender ornament, rear rack, stand and even a generator on the rear wheel.
158

Printed in large characters just below the bicycle emblems and silhouette is the name of the bicycle shop which reads Azuma (Bicycle) Shop.
161

Underneath the shop's name is the address and telephone number.
The telephone number "333" reflects just how old this work apron is, a three digit telephone number.  But, what a lucky telephone number three "3's"!
160

I ran a quick search for these maekake and was surprised to see various old one's up for grabs on Ebay.  Appears these maekake are gaining popularity. One can even have a custom printed maekake made from a company called Anything (Japanese website).

2014年8月17日 (日)

スポークベル (後半 ロッド式)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

現代では滅多に見かけない回転式ベルについて以前紹介したことがありますが、
前回の記事では、
それよりもっと珍しいケーブル式スポークベル(下記)について取り上げました。

P1300383_2

ロッドブレーキは、ケーブル式ブレーキの元祖であることと同じように、
ロッド式スポークベルは、ケーブル式スポークベルの元祖です。
今回、取り上げるのは非常に珍しいロッド式スポークベルです。

ケーブルの代わりにロッドがあり、後は基本的に同じです。
ロッド式なので、実にシンプルで機能的な構造です。

ロッド式スポークベルのレバーです。
ケーブル式スポークベルと違います。

P1290883

写真の左下にレバーとクラッパーに繋がっている細いロッドが見えます。P1290878

P1290886_4

この時点では、バネ付クラッパーはスポークに当たっていません。
.P1290872

良く見ると、バネ付クラッパーに繋がっている細くて黒いロッドが見えます。

.P1290859_2

レバーを押すとロッドによりバネ付クラッパーが上がり、
スポークに当たり、
連発のリン、リン、リン、リン~~~。

P1290873_3

P1290875_2

シンプルで機能的で良いですね。
ケーブがないので伸びないし調整不要。
それは古い自転車の魅力の一つ、頑丈でシンプルなのでローメンテです。

2014年8月 1日 (金)

Spoke Bell (Part 2: Rod activated type)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post I mentioned that I have written about bicycle bells in the past, with a focus on revolving bells,  and we took a look at another kind of bell rarely seen today the cable operated spoke bell shown below.
P1300383_2

It was also mentioned in the previous post that just as rod brakes preceded cable operated brakes, so too did rod operated spoke bells precede cable operated spoke bells.  Thus, in this post we will take a look at a very rare rod activated spoke bell.

The basic opertion is exactly the same only instead of a cable, rod linkage is utilized. As can be expected, the mechanism, right down to the adjustment rod linkage, is ingeniously simple, yet functional.

Here is the lever used to activate the spoke bell.  Compare this with the cable activated spoke bell lever. (Click on photos to enlarge.)

P1290883

Note the rod linkage and the thin rod, at the bottom of the photo, which runs all the way down to the bell and is connected to the spring held clapper.
P1290878

P1290886_4

At the normal resting position the spring held clapper is away from the spokes.P1290872

Note the rod attached to the spring held clapper.P1290859_2

Pressing downward on the lever pulls a rod connected to the spring held clapper up and into the spokes.
P1290873_3

P1290875_2

Simple, functional and effective.  No cable stretch or adjustment to worry about.  That is one of the things that I like about these old bicycles, not only are they strong and sturdy, but they are virtually maintenance free!

 

«スポークベル (前半 ケーブル式)