2015年5月17日 (日)

自転車組立③

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.
Dsc06667_2

大阪で購入した自転車が東京で壊れるなどした場合に、工業規格がバラバラで部品の互換性に対して運に任せる時代がありました。

そこで、
品質向上及び工業規格を設定するために、昭和24年から日本工業規格(JIS=Japan Industrial Standard)が導入・実施されました。

JISのお蔭で部品の規格が標準化され、部品の互換性ができました。

しかし、この時のJISは「完成品」ではなく「部品及び製造」が対象でした。

自転車組立①にて販売店は「分工場」と呼ばれていたことを述べました。
それは自転車製造工場が組立部品一式を販売店に輸送し、販売店にて組み立て及び検査をして顧客に完成車を渡していたからです。

その「分工場」で行われた自転車組立・検査は完成車の性能を左右する一番大きな要因ですが、規格が不足していました。

自転車組立② に昭和35年の完成車対象JIS導入に向かって、昭和33年からJIS導入準備が始まりました。
工場と販売店は、工場の正式な「分工場」と認定する契約が必要でした。
つまり販売店は、メーカーの自転車組立修理技術の検定合格者です。

組立工程図を見てみると熟練者の標準組立作業時間は2時間3分19秒です。
下記の写真をクリックすると拡大します。
各工程に対して作業時間が記載されています。

注目: 
⑥車輪クルイ取り、5分6秒 (早い!).
⑦前後車輪スポーク切り 6分5秒
現代スポークは滅多に切らないが当時72本(前輪32本、後輪40本)
切るだけではなく鑢での処理も。 
⑧ & ⑨ BEタイヤの取り付け たった3分28秒!
⑩組立は最初に自転車が逆さまのため、「組立用ハンドル」が使われていました。
一式部品に付いていたハンドルの取り付けは ㉔工程。

Img_0419


Img_0420


Img_0421_2

2015年5月 2日 (土)

Bicycle Assembly ③

次回、この記事の日本語版を投稿します。Dsc06667_2

As mentioned in Bicycle Assembly① in Japan retailers were actually extended factory processes since bicycles were shipped as "kits", and, "final assembly" and "final inspection" were both performed at the retailer.  The introduction of JIS ensured that individual parts met specific industrial standards.  However, again, since bicycles were shipped as kits and assembled at the retailer there were no standards governing the final assembly and inspection process.  In Bicycle Assembly②, it was noted that in the late 1950's the process of applying JIS to the retailers began.  And, by 1960 retailers had to be qualified in assembly and inspection, and, enter into a contract with the manufacturer in order to sell completed bicycles bearing the coveted JIS mark

Below is a Bicycle Assembly Flowchart with times given for each step.  Total time for a veteran to assemble and inspect a complete bicycle is 2 hours, 3 minutes and 19 seconds.  Click on the figures below to enlarge.

Note: 
⑥Only five minutes and six seconds to true a wheel.  Amazing.
⑦Cut spokes.  Something rarely, if ever, done today.
⑧ & ⑨ Only three minutes twenty-eight seconds to attach a BE tire.
⑩Since the bicycle was first assembled upside down, a jig was used in place of the handlebars, and the actual handlebars shipped with the kit were not assembled until the late stage of the assembly process (see ㉔).
Photo_2


Photo_3


Photo_4

2015年4月18日 (土)

自転車組立②

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の自転車組立① で、
販売店は、工場の組み立て・検査最終工程でした、と述べました。

それは、
自転車製造工場が組立部品一式を販売店に輸送し、販売店にて組み立て及び検査をして顧客に完成車を渡したからです。

品質向上及び組立作業を標準化するために、
昭和24年7月1日から日本工業規格(JIS=Japan Industrial Standard)が導入・実施されました。
しかし実際は、自転車工業全体的に普及されるまでかなりの年月がかかりました。

昭和35年まで部品対象でしたが、昭和35年にJISは完成車対象となりました。

先程述べたように、販売店は組立・検査を行なったため「分工場」と呼ばれていました。
完成車の組立技術は、その性能を左右する一番大きな要素です。
そのため工場と販売店は、工場の正式な「分工場」と認定する契約が必要でした。
つまり販売店は、自転車組立修理技術の検定合格者です。

昭和35年の完成車対象JIS導入に向かって、昭和33年からJIS導入準備が始まりました。
自転車の組立は有資格者で部品はJIS製品となりました。
自転車製造会社は、「なぜJISが必要か」や「なぜ組立・検査資格が必要か」などを説明するために冊子を用意して販売店に配りました。

繁栄のための自転車のJIS栞. (光自転車、昭和33年発行)
これとは別に「自転車組立標準」も別途配られたようですが、取りあえず販売店がJIS資格の基準に主要となる内容が先に紹介されていました。
Img_0050

中には自転車の組立用の工具と組立前の工具点検も載っています。.
Img_0048

上記の工具は大半の現代の自転車店に置いてありますが、よく見ると
珍しくて見たことのない工具もあります。

クランク(コッター)ピン打抜・打込台
Img_0031

タイヤ耳切りパンチ (バルブ穴あけ器)
Img_0039

十字レンチ
Img_0032

泥除け穴あけ器
Img_0042

玉押し回し(ハブコーン調整用プライヤー)
Img_0038

車輪振れ取り器
もちろん、現代の自転車店に似たようなものもありますが、決してこれほど頑丈ではないでしょう。
古い自転車のみならず当時の工具も実に頑丈でいいです。Img_0030

2015年4月 5日 (日)

Bicycle Assembly ②

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post Bicycle Assembly①, it was noted that in Japan retailers were actually extended factory processes since bicycles were shipped as "kits", and, "final assembly" and "final inspection" were both performed at the retailer.  To setforth standards and ensure quality, retailers had to be qualified in assembly and inspection in order to sell completed bicycles bearing the coveted JIS mark.  At the time, the JIS mark was the only assurance a customer had, other than word of mouth, regarding the quality of a product.

In preparation for introducing JIS, and, to better prepare retailers for assembly and inspection tests, manufacturers produced booklets to explain why JIS is essential, and why retailers need to be qualified in order to sell their product bearing the JIS mark.

Here is an example of a booklet from Hikari.

Img_0050

Below is a photo taken from the above booklet indicating tools required and inspection of tools prior to assembly.
Img_0048

Most of the tools are easily recognizable, but there are a few that you won't find at your local modern day bicycle shop.  Let's take a look.

Crankwheel Cotterpin Anvil
Img_0031

Beaded Edge Tire Valve Hole Punch
Img_0039

Four-Way Wrench
Img_0032

Fender Hole Opener
(Used to make holes for fender stays)
Img_0042

Cone Adjusting Pliers
Img_0038

Wheel Truing Stand
You will find one of these are your local bicycle store, but certainly not this heavy-duty.
Like old bicycles from the 1950s, old tools were also built-to-last.
Img_0030

2015年3月22日 (日)

自転車組立①

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~昭和30年代の自転車組立を少し見てみましょう

以前、「なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車がいいのか」 で述べたように戦後に、
品質不安定で標準規格がなかったため、昭和24年に日本工業規格(JIS=Japan Industrial Standard)が実施されました。

しかし、JISは自転車工業全体的に普及されるまで10年間(昭和28年~37年)かかりました。
従って、昭和30年代後半に標準規格ができたのみならず、以前手作業だった数多くの工程が自動化されました。
だからこそ、個人的に昭和20年代後半~30年代前半が好きです。
つまり、まだ手仕事部分が多かったからです。

まず、日本は欧米自転車工場と違って、自転車組み立て及び検査が工場ではなく販売店にて行われました。
自転車製造工場は組立部品一式を販売店に輸送し、販売店にて組み立て及び検査をして顧客に完成車を渡しました。
従って、販売店は工場の組み立て・検査最終工程でした。

工場にて自転車部品一式木箱に梱包しました。
普通は一箱に自転車2台でした。

Img_0003

Pack1

JISは完成車に対して昭和35年ごろに導入し始めました。
昭和33年から導入準備が始まりました。

JISマークが付いている自転車(完成車)を販売するためには、販売店は「組立・検査」の認可を受けなければなりませんでした。

. 
販売店では、木箱を開梱して組立準備として届いた一式部品を検査しました。

Img_0002

昭和33年 完成車対象のJIS導入説明資料から抜粋

1.
フレーム
2. 泥除け

3. ハンドル
4. セルロイド握り
5. Front rim brake
6. Rear band brake
7. クランクホイール
8.
 ペダル
9. チェーン
 
10.フリーホイール 
11.Front and rear hubs
12. スポーク
13. リム
14. サドル
15. Chain tensioners
16. Cotter pins
17. 荷台
18. Stand
19. チェーンケース
20. 回転ベル
21. ネジ

22.
23. タイヤ
24. チューブ
25. Front fender flap

次回、「自転車組立②」に続く。

2015年3月 7日 (土)

Bicycle Assembly ①

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the next few posts we will take a look at bicycle assembly in the 1950s. As mentioned in a previous series "Why the 1950's?" to correct inferior quality and establish a legal base for manufacturing standards, in June 1949 Japan enacted The Industrial Standardization Law which became the foundation for JIS (Japan Industrial Standards). However, in the case of the bicycle industry, this was implemented incrementally spanning ten years from 1953 to 1962.  So by the early 1960's the industry was standardized, and, processes that were previously done by hand painting, plating, etc., became automated.  Which is why I prefer bicycles from the 1950's since during this period bicycles, to a certain extent, were still being "crafted".

First, it is important to understand that, unlike US or British manufacturing of the same period where entire bicycles were built and inspected at the factory before being shipped to the retailers, in Japan, bicycles were shipped as kits and the retailer assembled the final product.  Thus, the relailer was actually an extended process of the factory since the retailers were responsible for assembling and inspecting the final product.

The above mentioned "kits" were packed in wooden crates often using straw as packing materials as seen below.
Img_0003

Pack1

In the late 1950's in preparation for implementing JIS for complete bicycles in 1960,  rules and regulations stipulated that and retailers who wanted to sell bicycles bearing the JIS stamp, had to be qualified in bicycle assembly and inspection.

According to a 1958 guide to implementation of JIS for completed bicycles, kits were delivered to the retailer, who would then decrate and inspect parts in preparation for assembly.
Img_0002

The order that the parts were inspected is as follows: 
1. Frame
2. Fenders and fender stays (Japanese)
3. Handlebars
4. Grips
5. Front rim brake
6. Rear band brake
7. Crankwheel
8. Pedals (Japanese)
9. Chain
10. Freewheel

11.Front and rear hubs
12. Spoke
13. Rims
14. Saddle
15. Chain tensioners
16. Cotter pins
17. Rear carrier
18. Stand
19. Chaincase
20. Bell
21. Screws
 (Japanese)
22. Lock
23. Tires
24. Tire tubes
25. Front fender flap

We will take a closer look at bicycle assembly in the next segment "Bicycle Assembly②".

2015年2月21日 (土)

鑑札・標識・籍証④

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和25年~33年まで実施された自転車税(一台200円)は市町村で管理されていたため、登録地域によって鑑札(プレート)のデザインが異ったことと、
へッドチューブ用の「鑑札・標識・籍証①」
リア泥除け用の「鑑札・標識・籍証②」
「鑑札・標識・籍証③」
をこの連載初めに見てきました。

連載最後になりますが、今回は実に珍しい鑑札を見てみたいと思います。
自転車の左側シートステーに取り付けられたロック兼鑑札です。
「1297」という番号が2つあります。
実は緑の方はロック本体で、赤い方は鍵です。Img_1381

外された状態の鍵です。
Img_1384

鍵の裏(切り抜かれた溝など)
Img_1383

鍵は側面に差し込むようになっています。.
Img_1387
Img_1391


左側シートステーに取り付けた状態です。
ボルトを押すとスポークの間に入ります。 
Img_0039_3
Img_0040

ボルトを最後の位置まで押さないと、鍵が抜けない構造です。
Img_0041
Img_0042Img_0043

当時は、ブラック・エナメル塗装金線引き の似たような自転車が圧倒的に多かったです。
駅の駐輪場で自分の愛車を探すのは一苦労だったことでしょう。 P1120749

鍵を本体に差し込むとボルトが元の位置に戻ります。
Img_0049
Img_0050

これで「鑑札・標識・籍証」の連載にピリオドを打ちます。

他のデザインがありましたら、是非写真&説明を送って下さい。
showajitensha@hotmail.co.jp

2015年2月 6日 (金)

License Plate ④

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned at the start of this series, during the period from 1950 -1958 bicycles were taxed (200 yen per bicycle), and since the tax was controlled by the local municipality, the license plate or tax badge designs varied from town to town. To date we have seen three styles of license plates; those attached to the head tube License Plate①、those attached to the rear fender License Plate②、and, those attached to the handlebars License Plate③.

In this final installment we shall take a look at a truely unique license plate.  What makes it so unique is that it is a combination of a lock and license plate.

This is the lock, it attaches to the left seat stay.
Notice the number 1297 appears twice.
The red portion is actually a key.
Img_1381

The key bearing the same number as the lock.Img_1384

Back of the key, note the notches.
Img_1383

The key slides into the lock as shown below.
Img_1387
Img_1391


Here is the lock attached to the left seat stay. 
When the rider reached his destination he locked the bicycle by pushing the bolt to slide it into the spokes.
Img_0039_3
Img_0040

Once the bolt was slid all the way into the spokes it released the key.The key could then be pulled out.
Img_0041
Img_0042Img_0043

The rider carried the key with him until returning to the bicycle.
Keep in mind that at the time black and gold was the main color scheme and it was no so easy job to find one's bicycle at a crowded train station parking lot.

P1120749

Sliding the key into the groove released the spring activated bolt returning it to the "unlocked"position.
Img_0049
Img_0050

This concludes the four part series on bicycle license plates. 
If you have any interesting examples please send photos with explanation to showajitensha@hotmail.co.jp

2015年1月23日 (金)

鑑札・標識・籍証③

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

この連載でへッドチューブ用の「鑑札・標識・籍証①」とリア泥除け用の「鑑札・標識・籍証②」を見てきました。
今回はハンドルに付けられた鑑札を見てみましょう。
Img_1042

このデザインはかなり珍しく、防犯も含まれています。
「11506」の数字に注目して下さい。
数字の中央部分にプレートのようなものが見えtます。
これをスライドすると取り外せるようになっています。
Img_0075

昭和20年代後半~30年代前半は、「自転車」が非常に貴重で、現代の自動車と同じような地位だったことを以前何度か取り上げました。
庶民の手が届く唯一の交通手段でしたが、当時2ヶ月分もの給料が掛かりました。
手が届かない人は時間単位で借りていました。

貴重で盗まれやすいので、防犯が必要でした。

プレートをスライドして取り外すと赤くなります。
Img_0076

所有者が自転車を離れるとき、鍵を掛けてプレートを外して持って行きます。
Img_0077

このプレートを持って行きます。
Img_0080

用事を済ませたら、プレートを差し込んで鍵を解除します。Img_1043

自転車を離れている間に、万一自転車が盗まれたら、 赤くなっていることで盗まれたことがわかります。
Img_1047_2

Img_0078

アイデアは悪くはないですが、離れている間にプレートをなくしてしまったら、犯人と間違えられてしまうかもしれません。

注目: 昭和31年制定 (1956) 。
戦前にも自転車税がありましたが、戦後に復活し、昭和25年~33年まで自転車税(一台200円)がありました。
これは市町村で管理されました。
Img_0079

次回は、
「鑑札・標識・籍証」連載で非常に珍しい鑑札を見てみたいと思います。

.

2015年1月11日 (日)

License Plate ③

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous posts in this series on license plates, we saw two different types.  Those attached to the head tube in License Plates ①、and, those attached to the back of the rear fender in License Plates ②.  Another unique and interesting concept was a form of the license plate attached to the handlebars.The interesting point is that the design incorporated an anti-theft device. Let's take a closer look.Img_1042 

Notice the license plate below bears the numbers 11506.  Also,  if you look closely, there appears to be a strip running across the middle of the numbers.  This strip is actually a removable sliding plate.
Img_0075

In the 1950s bicycles were still the primary source of private transportation. Bicycles were prized possessions, cost two months' salary and were not that difficult to steal so anti-theft was important.  Notice that when the sliding plate is removed it leaves a red blank shown in the photo below.
Img_0076

The intention was that when the owner arrived at the desired destination, after locking the bicycle, the owner removed the sliding plate and took it with them.Img_0077

This is the sliding plate that the owner would take with them.Img_0080

When they returned to the bicycle they inserted the sliding plate.Img_1043

If, while they were away, someone were to steal the bicycle the red blank was a beacon for the authorities that the bicycle was stolen. So anyone seen riding a bicycle with the red strip showing would be suspected of being a bicycle theif.
Img_1047_2

Note this plate bears the year Showa 31 (1956).
Img_0079

Like many things in life, it probably seemed like a good idea at the time, but was unpractical as the owner could easily lose the sliding plate and be mistaken for having stolen his own bicycle!

In the final installment of this series on license plates, we will take a look at another very rare and unique license plate design.

«鑑札・標識・籍証②